日々のこと

  • マツザワ設計

220114構造材の補強【工房のある家R】




工房のある家Rは既存図がなかったため、現調時に柱位置など確認したうえで既存図を起こして計画しています。

解体後躯体が見えるようになってから検討したものを基に改めて構造補強の打ち合わせを行いました。


水廻りの土台などはどうしても水がまわって腐ってしまっているところがありましたが、それ以外の構造材はほとんどきれいな状態でした。

間取りの都合上柱を抜く場所があるので、その分柱・梁を補強します。




補強以外にも化粧として見えてくる柱は一部新しい柱を入れています。

ダイニングで4方現しのこの柱は、栗を使用しています。



ali