ローコストの変遷?

 

南側が指定緑地で、しばらくは開発されない自然林。

都内に住みたいが土地が高く、建築予算が不足!

かなり思い切ったローコスト化を図る。

 

 

南側の2階木製バルコニー。大自然を満喫できる空間を確保。
夏は軽井沢気分を味わえます。蚊には要注意ですが・・・

 

 

 玄関兼作業場。

バイクをいじったり、工作をする大事なスペース。
床下にも入る事が出来て、いろいろ工具や資材が置かれている。

 

 

 

玄関から2階リビング方向を見る。

吹き抜けとなっていて、将来、床を張れば増室可。

欲張ればロフトもその上に・・・。

 

ここ最近は建築費や土地が高騰し、

なかなか首都圏では若い人の家づくりが難しくなっています。

かと言って、建売ではなく自分たち家族のこだわりの家づくりをしたい!

 

解決策は、地方に安価な土地を求める。

首都圏でも狭かったり、悪条件と思われる土地を活かす。

建築費を抑える工夫をする。あれもこれもは無理。

自分たちで徐々に仕上げていく方法を考える。

 

いろいろ考えられますが、家づくりは一つ一つが特殊解と理解して、

普通にではなく、自分たちが欲しいもの、空間、生活を考えてつくる。

完成出来れば最高の家になります。

 

マツザワ設計 松澤静男

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

#Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

一級建築士事務所マツザワ設計/〒330-0073 さいたま市浦和区元町2-38-2パークプラザ元町204/048-885-8241