家づくりで大切にしていること(設計・素材編)

軒の出(軒天)

家の寿命と快適性に大きく関わる軒の出。

意外と少ない板張り(軒天)ですが、法改正で見せることも可能になりました。

実験により木の防火性が確認されたのです。

 

見上げた時に木が見えるのは良いものです。

階段に大きな窓

階段室はただの動線で暗くなりがちですが、いつも家族が通る場所。

大きな窓を設けることで、明るく安全で快適な空間になります。

階段を少しでも広く

階段の中壁は薄くつくり、階段を少しだけ広く使う。

 

5cm前後の差ですが、このちょっとした差が意外と大切で、上り下がりが快適になります。

鉄や真鍮を。

表札は、鉄や真鍮でつくる提案をしています。

木とも馴染みがよく肌触りの良い素材です。

家とともに経年変化を楽しむことができます。

瓦職人がつくる、敷瓦

寒冷地の瓦、安田瓦。

職人さんと出会い、その性能と色合いに惚れ込み、長年特注でお願いしています。

寒冷地の屋根に使われる瓦の良さはもちろん、手作りなので、1枚1枚表情が違い味わいがあります。

幅木、廻り縁…

木の納まり存在にはそれぞれ理由があります。

幅木や廻り縁は、納まりのためだったり、掃除機をかける時に漆喰壁を傷つけないようにだったり…

シンプルに美しく見せることで、機能を損なわずに空間に馴染みます。